変化への対応

| コメント(0) | トラックバック(0)

岸岡 治です。

一人で生活する「単身世帯」が増えている。

全世帯に占める割合は実に30%を超え、夫婦、子供で構成する

「標準世帯」を上回った。

この状況を受け、東京にあるクリーニング店は衣料品の保管サービスが、

事業の中心となり業績を伸ばしている。

クリーニング料金と同額で7カ月間に限り、定温倉庫にて保管するサービスだ。

ワンルームマンションはクローゼットが狭いので、重宝されているようだ。

人口減で国内消費は縮小すると言われていたが、未婚、晩婚化や、

同居率の低下に伴い、世帯数が増え、シングル経済としてみれば成長を

し続けている。

常に変わり続ける経済環境にどう対応していくかが、企業存続には不可欠であると、

再認識させられました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toyonakasouko.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/51

コメントする

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

大阪の貸倉庫なら豊中倉庫