強硬な姿勢

| コメント(0) | トラックバック(0)

岸岡治です。

兵庫県では県内に立地する大規模工場を移転、閉鎖する事業者に対し、

敷地の再利用策の提出や立地自治体との協議を求めると発表した。

地域の空洞化を防ぎたい考えらしい。

2ヘクタール以上の敷地で生産機能を廃止する工場が対象となる。

企業は敷地の再利用計画書を移転する日の6か月前だでに県に提出する。

その内容が都市機能と調和せず、産業振興に大きな影響を与えると認められた場合は、

県が勧告し、対策を求める。

従わない場合には社名を公表するとのこと。

昨今企業だけでなく、県もそれだけ必死だということを改めて考えさせられました。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toyonakasouko.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする