アジア経済

| コメント(0) | トラックバック(0)

岸岡治です。

野田政権はTPPへの交渉参加で決断を迫られている。

日本がさらに内向きに傾斜すれば、衰退への道が待ち受けているだけである。

農業の分野ではTPPを改革の機会にし、新たな輸出産業を育てる段階だろう。

それこそが農業再生への道である。

アメリカ主導のTPPへの交渉参加については、沖縄の基地問題も絡んでいるが、

それより重要なのは、このTPPをてこに日中韓FTA(自由貿易協定)を結び、さらに

ASEANプラス日中韓FTAと進めば、アジアの経済はさらに活性化するだろう。

このことこそ、アジア太平洋の発展と安定の土台になる。その中心としての役割を

担えるのは日本しかない。経済戦略としても外交戦略としても、日本はこの好機を活かさなければ

ならないと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toyonakasouko.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

大阪の貸倉庫なら豊中倉庫