不動産の売買復調

| コメント(0) | トラックバック(0)

岸岡治です。

大都市圏のオフィスビルや賃貸マンションなどを中心に、不動産取引に復調の兆しが出ている。

低金利を背景に不動産投信が活発に物件を取得しており、不動産価格全体を下支えする可能性が出てきた。

不動産価格に下げ止まり感が出ていることも取引を後押ししている。

足元では消費税引き上げ前の駆け込み需要などをにらみ、マンション用地の取得が増加している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toyonakasouko.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/87

コメントする