政治家ってなんなんでしょう

| コメント(0) | トラックバック(0)

岸岡宏治です。

先日、野田首相がやっと衆議院解散を明言しましたね。

しかも2日後にw

そんなタイミングだから他の政党はもちろんのこと、民主党内でも大勢焦っただろうなぁ。あれだけ解散を迫っておきながら、いざとなったら準備できてないところが笑えます。

正直野田首相は"思い"があって動いているのではなく、ただ少しでも長くやりたいのかな、あんなにボロクソ言われてまでやりたいなんて、とんだMだな(失礼!)

という印象がありました。

〇沢や鳩〇なんかの言動のせいで、本来あるべき姿のはずの、国をよりよくするため国政に命を懸けるアツイ政治家なんて、都市伝説だと・・・まぁ今でも思っていますが、でも今回の解散宣言は開き直りなのか、堪忍袋の緒が切れたのか知りませんが、ある種の気迫というか覚悟は感じました。

「これでどうだ!えらそうに不平不満や俺の批判ばっかしてるが、

お前らはなんぼのもんじゃい!」

って気持ちだったのかなw

まぁなんというか、ちょっとは興味を持てる展開になってきましたね。

あ、そうだ。ずっとわからない疑問があるんです。

総理はやめても議員辞職はしない。これってなぜ許されるのでしょうか。

この人政治家としてポンコツだなーってことで総理から降ろされてるのに、ずっと議員の座に居れる。選挙したら比例とかで通っちゃう。地元の応援がどうとか言うけど要は、多くの票もってる企業や団体と仲良くしてるだけでしょ?どこそこ出身ってだけでそこの県民が応援するはずないやん。全国区場合によっては世界中に恥さらしてきた輩に。

よくは知らんが給料とか議員の特権みたいなのって結構良いんでしょ?ポンコツなやつに税金でそんな厚遇して良いはずがないと思うのですが。

トップに立ってダメになったなら議員やめろよ。スポーツ選手でもポンコツになったら現役引退するでしょ。監督やコーチに一部の優れた人が行くけど、少なくてもプレイヤーではなくなりますよね。一般企業ならもっとシビアだろうし。

すいません、なんかアツクなってしまいました^^;

まぁとりあえず今後の各党の慌てっぷりが見ものですね。(ニヤリ

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toyonakasouko.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする