2014年2月アーカイブ

岸岡治です。

今後、大阪市を中心に1万戸以上が開発される見通しとのこと。

背景にはオフィスビルの建て替えがある。

オフィスの供給が過剰になっており、タワーマンションにした方が得策と

見ているからだ。

2000年以降、容積率の規制緩和が進み、都心部を中心に完成ラッシュが始まった。

眺望の良さや耐震設備等共用設備が充実している点が人気の理由となっているようだ。

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

大阪の貸倉庫なら豊中倉庫